Thailand SNS
 

タイで働くという選択肢

国内のみで就職・転職活動をするという時代はもう古いです。
もしこれから就職・転職活動をするという人がいれば、タイで働くという選択肢を持っておくと良いかもしれません。

特に最近の日系企業は、中国から製造拠点をタイに移しています。
更に言えばその周辺国へ進出し、タイを中心に企業が動いていると言っても過言ではありません。

現在、タイ全体における日系企業は約1500社と言われています。
日本人自体も約5万人が住んでいることから、タイで日本人が働いているというのはもはや珍しい事では無いのです。

このせいか、日系マーケット向けの営業職が約半数になります。
そして自動車産業と言った製造業も多いです。
工場関連の仕事は猫の手も借りたい状況だと言えるのが現状です。

工場仕事と言っても、工場長や設備管理、更には生産管理などの技術職が中心になります。
冒頭でも書きましたが、最近ではアジアの統括地域がタイになっています。
例えば、ベトナム、ラオス、ミャンマー、カンボジアなどの国へ進出する企業が多いのでタイがこれらの周辺国を管理するようになってきました。

そして最近とても多い業種がIT系です。
日本では当たり前になったエンジニア募集もまだまだ初期段階なので、今タイに行くのはとてもやりがいがある仕事が待っているはずです。

もちろんそれ以外にも仕事経験を問わない業種が溢れています。
今現在チャンスが転がっているのはタイなのです。